【目標達成のために】自分に合ったルーティンを作る方法を解説

目標達成

こんにちは、ひょうがです!

・目標が決まったら次は何をすればいい?

・ルーティンの作り方が知りたい!

・他の人のルーティンだとなかなか続かない…

今回は、このような悩みを持った方に向けて、自分に合ったルーティンの作り方を解説したいと思います。

自分が本当に実現したい目標が決まったら、次にやるべきは、ルーティンの確立です。目標達成のためには、ルーティンが必須。

ルーティンができていないと、その日のモチベーションに左右されながら1日1日を過ごすことになり、目標達成までの道のりが長くなってしまいます。

ルーティンを作り、それを毎日完遂することで、目標まで最短距離で進むことができるようになります。

目標達成のために作るルーティンには、大切な要素が2つあります。今回は、その2つについて解説したいと思います。

  • 自分の才能を活かせる
  • 目標に直結している

これらを満たすルーティンを作ることで、毎日そのルーティンを続けることができ、目標達成に確実に近づくことができます。

自分の才能を活かせる

ルーティンを作る時に重要なことの1つ目は、”自分の才能を活かせる”です。

自分の苦手なことをルーティンとして組み込んでしまうと、やりたくない気持ちが強くなってしまい、継続が難しくなります。

一方で、自分の才能を活かしたルーティンであれば、やらなければと思う必要もないくらい、自然に生活の中に取り入れることができます

ここで疑問として浮かんでくるのが、”どうやって自分の才能を知るのか”ですよね。

一番手っ取り早い方法として、ストレングスファインダーを活用するというのがあります。

↓↓ストレングスファインダーをアマゾンで買う↓↓

Bitly

ストレングスファインダーを受けると…

ストレングスファインダーを受けると、自分の才能を言語化して教えてくれます。

僕の例をお話しすると、自分には以下の上位資質があることがわかりました。

  • 目標志向
  • 内省
  • 収集心
  • 分析思考
  • 指令性

簡単にそれぞれ説明すると、

目標志向は、目標があるとえぐいパワーを発揮することができる。

内省は、常に考えることが当たり前である。

収集心は、集めることが好き。自分の場合は、本や調べものでのインプットまでの壁が低い。

分析思考は、論理的で因果関係に目が向く。

指令性は、自由であることが大切。自分の意見をはっきり持っている。

これらの資質を活かして、ルーティンを組んでみよう!ということです。

上位資質から作るルーティン

目標志向でルーティンを作るなら、目標を立てて、それを毎日紙に書き、音読します

目標が明確で具体的であればあるほど、力を発揮することができます。目標の中に”自由であること”を入れることで、指令性の資質も同時に活かすことができます。

内省と収集心と分析思考を組み合わせてルーティンを作るなら、ブログを毎日書くのが良いと思います。

インプットした内容や、頭の中で考えていることを、論理的に書き言葉で説明することができるからです。

ハイライトがついているルーティンは、僕が実際にストレングスファインダーを受けて、知ることができた自分の才能から作ったルーティンになります。

これらのルーティンを1か月程度続けていますが、一度も苦に感じたことがなく、楽しく当たり前のように行うことができています。

皆さんも、ストレングスファインダーを使って、自分の才能を活かしたルーティンを作ってみてください。効果は保証するよ。

↓↓ストレングスファインダーをアマゾンで買う↓↓

Bitly

目標に直結している

ルーティンの作る時に重要なこと2つ目は、”目標に直結している”です。

そのルーティンを行うことによって、”確実に1mmは目標に近づくことができる”ものでないといけないということです。

わかりやすくするため、例をお話しします。

あるところにAさんとBさんがおりました。
AさんとBさんは、子供のころからマッチョになることを夢見ていました。
「2人でどちらが先にマッチョになれるか競争しよう」とBさんが提案し、それにAさんも賛成しました。
Aさんはマッチョになるために、筋トレ+有酸素運動+食事管理を徹底しました。
一方、Bさんはマッチョになるために、マッチョのインスタをフォローし、筋トレ器具をあらかた購入し、きんに君のYouTubeを毎日見るようにしました。

1年後、Bさんがマッチョになれず悔しがっていると、目の前にはAさんが。。
Aさんは肩がメロン、腕がチョモランマ、腹筋板チョコ状態に。背中には鬼の顔が⁉⁉

ということで、もうお分かりかと思いますが、自分の目標に直結するルーティンを組まなければ、目標を達成することはできません。

明らかに自分の目標に1歩近づくことは何か。それをやり続ければ必ず成果が表れるのか。

ここをおざなりにしてしまうと、目標達成までの道のりがどんどん遠くなっていきます。

ルーティンを1度作ったら、それが目標に直結しているかどうか、しっかり見極めましょう。

さいごに

この記事の内容をまとめます。

【目標達成のために、自分に合ったルーティンを作る方法】

・ストレングスファインダーを受けて自分の才能を知る

・自分の才能に合わせてルーティンを考える

・目標に直結しているか精査する

以上です!

ストレングスファインダーは、普段ぼんやりと感じている自分の得意不得意や好き嫌い、無自覚の才能を言語化して丁寧に解説してくれます。

僕はストレングスファインダーを受けて人生が変わりました!あ、変わる気がします!いや、変えてみせます!!

今日はここまで。また次の記事でお会いしましょうぞ!

タイトルとURLをコピーしました