【継続のコツ】ブログを毎日更新するためにしていること4つ

ブログ・SNS運営

こんにちは、HYOGAです!

・ブログを始めたけど、毎日更新なんて無理!

・記事の内容が思いつかない…

・毎日更新する方法を知りたい!

この記事は、上のような悩みを持った人に向けて書いたものです。

この記事を書いている僕は、ブログだけでなく、InstagramとXも毎日更新しています。

そんな僕がどうやってブログを毎日更新しているのか、解説したいと思います。

  • すべての行動に意味を持たせる
  • アウトプット前提でインプットをする
  • 情報は主体的にとりに行く
  • 常にアンテナを立てて生活する

上の4つが、毎日更新を継続するコツになります。

1つずつ見ていきたいと思います。

すべての行動に意味を持たせる

自分がしている行動に対して、なぜそれをやっているのか、いつ何をしている時に聞かれても即答できるでしょうか。

僕はできます。

僕がしている行動にはすべて意味があります。それが正解か間違いかはわかりませんが、自分の中では意味を持って行動しています。

自分の行動に意味を持たせることにより、結果が出た時に”これをしたからだ”というのがわかりやすくなります。

つまりは、自分の中に、人に教えられる何かが1つ生まれたということです。

これをブログなどで発信することで、価値のある記事を書くことができるようになります。

なぜそれをやっているのか、なぜそれを持っているのかなど、常に自問自答するようにしていてください。

それが習慣になれば、ブログを書こうとなった時に、パッとアイデアが思いつくようになります。

アウトプット前提でインプットをする

僕は本を読んだり、調べものをしたりするときに必ず、これを自分の言葉で説明するならどうするかを考えるようにしています。

インプットを行うときは、必ずアウトプットする時のことを考えながら

この思考が、情報発信を毎日するためにはとても大切です。

インプットした内容をそのまま頭の中だけでとどめておくのは、とてももったいないです。

せっかくならアウトプットしましょう。

手軽にアウトプットする方法として、X(Twitter)を使うことをおすすめします。(InstagramのThreadsでもいいかも)

140字という限られた文字数の中で、インプットした内容を自分の言葉で要約する。アウトプットの良い訓練になります。

本を読んだ感想、映画を見た感想、日常で得た小さな気づきなど、日ごろからアウトプットすることに慣れておく。

そうすることで、ブログのような大量の文字数が必要な時にも、簡単に自分の言葉で情報発信することができるようになります。

情報は主体的にとりに行く

テレビやSNS、店の看板やチラシなど、情報が勝手に流れてくる媒体が、私たちの身の回りにはたくさんあります。

これらから受け取れる情報だけでは、情報発信を毎日するというのは難しいと思います。

より主体的に、能動的に情報を取りに行くようにしましょう。

まず、テレビ。テレビは情報を主体的に得るのに適していません。見ない方が良い。(言い過ぎ)

店の看板やチラシも同様、発信側からの一方的な情報の押し付けです。

SNSは使い方によります。

他人の投稿をただ、ダラダラとみているだけでは、何の意味もありません。

自分が知りたい情報を検索し、その分野に精通している人の投稿を自分から見るようにしましょう。

ここでもアウトプット前提のインプットが大切です。

  • 自分から情報を取りに行く
  • 興味が湧いたらすぐに調べる
  • アウトプット前提でインプットする

これであなたの情報発信の力は強くなります。

常にアンテナを張って生活する

常に、自分の興味に関連のある話が耳に入るようにしましょう。わかりやすくいうと、常にアンテナを張っておくということです。

常にアンテナを張っておくことで、自分にとって重要な情報を逃しにくくなります。

アンテナを張るのに一番手っ取り早い方法が、目標を立てることです。

自分の目標を明確にし、それを頭の真ん中に置いておくことで、アンテナがビンビンになります。

目標達成に必要な情報が、目や耳に入りやすくなるのです。

そうすると、ブログでの情報発信の時に、最近得た情報を取り扱うだけで、簡単に数記事を書ききることができます。

目標の立て方は下の記事をチェックしてくれよな↓

さいごに

記事の内容をまとめます。

・すべての行動に意味を持たせる→思考停止で生きない

・アウトプット前提でインプットをする

・主体的、能動的に情報を取りに行く

・目標を設定し、アンテナをビンビンにする

以上になります。

今回は、ブログを毎日更新するために、僕が行っていること4つを紹介しました。

すべて、情報を発信する人にとっては大切なことだと思うので、参考にしていただけたら嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました