明確にイメージできるスモールゴールを立てて目標達成をスムーズにする

メンタル・モチべ

こんにちは、ひょうがです!

・目標を立てたけどなかなか行動できない

・目標まで時間がありすぎて、何から始めればいいかわからない

・最初はやる気もあってガンガン行動できるけど、途中で失速してしまう

今回は、このような悩みを持った方に向けて記事を書きました。

.

実は僕も最近、上のような悩みを抱えながら生活しています。

目標を立てて、行動をし始めるところまではよかった。

それなのに、1カ月経過したあたりから徐々に失速し、やる気がわかなくなっている。

目標は自分にとってとても魅力的なものだし、それを達成することで自分に返ってくるリターンはめちゃくちゃ大きい。

でも。体が思うように動かない。

.

結論、この原因は、”ゴールが大きすぎるかつ遠すぎるから”です。

ゴールが大きすぎる

その目標がどれだけ魅力的なものであっても、今の自分にとって想像もつかないような大きすぎるゴールであると、なかなかモチベーションが上がりません。

※あ、そもそも目標が決められてないよっていう人は、下の記事を見てみてください↓

大きすぎる目標だけが目の前にあると、何から始めていいかわからず、何をしても太刀打ちできないように感じ、ただただやる気だけが吸われていく。

僕も実際にそうです。僕が立てた目標は、

自分の力で月35万円以上の収入を作り、時間・場所・人間関係に縛られない自由なライフスタイルを2024/12/31までに実現する

この目標は僕にとってとても価値のあることで、魅力的で、達成した時を想像するだけで胸が高まる、そんな目標です。

でも、この目標にある、”自分の力で月35万円以上の収入”という部分が、どうしても自分の中で想像しきれない。

なぜなら、自分の力で1円も稼いだことがないから。

ボールを蹴ったことがない子供が、サッカー選手になりたい!といっているようなものです。

無謀が過ぎる。誰がどう見ても、目標だけが先走り過ぎている。いやまずボール蹴ってみなよ、と。

ゴールが遠すぎる

せっかく目標を決めても、その目標まで期間がありすぎると、途中で失速しやすいです。

最初から全力疾走していると、脱線し道を見失ってしまうこともあります。

目標が大きいがゆえに、だいたいの間隔で進み始めてしまう。

これでは、とても効率が悪いです。

今までやったことの効率が悪いことに気づくと、さらにやる気がなくなってしまいます。

目標まで時間がありすぎることで、予測を甘く見積もり、行動しづらくなってしまう。

僕の目標を例にすると、

自分の力で月35万円以上の収入を作り、時間・場所・人間関係に縛られない自由なライフスタイルを2024/12/31までに実現する

現在が2024/03/16で、期日まで9カ月ほどあります。

9か月間も、あれば何でもできる気がしてしまう。

何でもできる気がするから、今日一日ぐらい惰性で過ごしても問題ないと思ってしまう。

.

”人は1年でできることを過大評価しすぎる。そして10年でできることを過小評価しすぎる。”という言葉が有名ですが、僕の考えは少し違います。

人は1日でできることを過小評価しすぎる。そして1年でできることを過大評価しすぎる。さらに、10年でできることを過小評価しすぎる。←これが僕の考えです。

今生きている1日、この1日でできることはたくさんあるはず。それなのに、人は1日でできることなどほとんどないと考えてしまう。惰性で生きてしまう。

それなのに、1年後にできるようになっていそうなこと、なれそうなことに関してはふわっと甘く考えてしまう。希望的観測が強く働く。

解決策→明確なイメージを持てるスモールゴールの設定

自分が今持っている目標・ゴールが大きすぎるかつ遠すぎる、そのせいで行動に支障が出ているのであれば、解決策はただ1つです。

それは”明確なイメージを持てるスモールゴールを設定すること”です。

明確なイメージを持てるスモールゴール

明確なイメージを持てるとはどういう状態か、例をいくつか出します。

不明瞭なゴール明確なイメージを持てるゴール
×ダイエットする!1か月後に体重計に映る65㎏という数字を見ている
×ブログ頑張る!1か月後ブログ管理画面の公開済み記事が30になっている
×モノを減らす!1週間後、ごみ袋に10個の不要なものが入っている

不明瞭なゴールから、明確なイメージを持てるゴールに変換することで、やるべきことが明確になります。

さらに、この期間を1年や半年というスパンではなく、もっと短く1週間から1カ月単位で設定することで、達成できたかどうかがすぐにわかるため、やる気につながります。

本質目標に直接影響を与えるスモールゴールの設定

明確なイメージを持てるゴールであることに加えて、もう一つ大切なことがあります。

それは、本質目標に直接影響を与えるゴールであることです。

僕の目標を例にすると、

自分の力で月35万円以上の収入を作り、時間・場所・人間関係に縛られない自由なライフスタイルを2024/12/31までに実現する

この本質目標に影響が出ることでないといけません。

上の目標を持っているのにもかかわらず、”1週間後、BlendyStickのBOXを空にする”というスモールゴールを立てても意味がありません。

それよりも、”1週間後、公開済み記事が35コになっている”というスモールゴールのほうが、明らかに本質目標に向かって進んでいるのがわかると思います。

さいごに

この記事の内容をおさらいします。

・本質目標だけを掲げていても、途中で挫折してしまう。その目標は大きすぎて遠すぎるから。

・スモールゴールを作ることで、やる気を継続的に出せる状況にする

・スモールゴールは明確なイメージを持てるものが大切

・スモールゴールは本質目標に直接影響を与えるものであることが大切

以上になります。

魅力的な目標を持っているのに、どうしてもモチベーションが上がらないという時に、参考にしていただけると嬉しいです。

僕もさっそくスモールゴールを設定したいと思います!

では!

タイトルとURLをコピーしました